「とちぎ教育の日」実行委員会規約

平成4年2月7日制定
平成7年4月1日改正
平成18年5月19日改正

(名称)
第1条 この会は、「とちぎ教育の日」実行委員会(以下「実行委員会」という。)と称する。
(目的)
第2条 実行委員会は、「とちぎ教育の日」の設定実施の趣旨に基づき、「とちぎ教育の日」の諸行事を有意義かつ効果的に実施することを目的とする。
(組織)
第3条 実行委員会は、前条の目的に賛同する団体をもって構成する。
(所掌事業)
第4条 実行委員会は、第2条の目的を達成するため、次に掲げる事項を処理する。
    (1) 「とちぎ教育の日」にふさわしい行事等の実施に関すること。
    (2) 協賛行事の推進に関すること。
    (3) 「とちぎ教育の日」の啓発、普及に関すること。
    (4) その他、目的達成のために必要な事項に関すること。
(役員)
第5条 実行委員会に次の役員を置く。
    (1) 会 長     1 名
    (2) 副会長     若干名           
    (3) 監 事     2 名
  2 役員は、任期は1年とし、総会において選出する。ただし、再任は妨げない。
(役員の任務)
第6条 会長は、会務を総理し、実行委員会を代表する。
  2 副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときは、あらかじめ会長が定めた順位により、その職務を代行する。   3 監事は、会計を監査する。
(顧問・助言者)
第7条 実行委員会に顧問・助言者を置く。
  2 顧問・助言者は、総会において推戴する。
(幹事会) 
第8条 実行委員会の円滑な運営を図るため、幹事会を置く。
  2 幹事は、構成団体のうちから、総会において選出する。
  3 幹事会の議長は、会長があたる。
(会議)
第9条 実行委員会の会議は総会及び幹事会とし、会長が招集する。
  2 総会に付議する事項は、次のとおりとする。                
    (1) 規約の改廃に関すること。
    (2) 事業計画及び収支予算に関すること。
    (3) 事業報告及び収支決算に関すること。
    (4) 顧問・助言者の推戴及び役員の選出に関すること。
    (5) その他特に必要な事項に関すること。
  3 幹事会に付議する事項は、次のとおりとする。
    (1) 行事の企画、立案に関すること。
    (2) 実行委員会の運営に関すること。
    (3) その他軽易な事項に関すること。
(部・係・委員会組織)
第10条 「とちぎ教育の日」の行事等の円滑な実施並びに推進を図るため、実行委員会に必要に応じて部・係・委員会等の組織を設置する。 
(経費)
第11条 実行委員会の経費は、負担金、県費補助金及びその他の収入をもって充てる。
(会計年度)
第12条 実行委員会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日をもって終わる。
(事務局)
第13条 実行委員会の事務を処理するため事務局を置く。
  2 事務局は栃木県教育会館内に置く。   
  3 事務局に事務局長、次長及び局員等若干名を置く。
(その他)
第14条 この規約に定めるもののほか、実行委員会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。
(附則)
  この規約は、平成18年5月19日から施行する。「とちぎ教育の日」教育運動推進本部規定は同日をもって廃止する。