教育功績者表彰規程

(目的)
第1条 この規程は,「とちぎ教育の日」実行委員会が,学校教育,家庭教育,社会教育や地域活動等の各分野で「教育県栃木の建設」に向けて著しい功績をあげた功労者を顕彰することにより,県民の教育尊重の精神を高め,本県教育の一層の振興を図ることを目的とし,表彰に係る手続等を定める。

(表彰の種類)
第2条 「とちぎ教育の日」教育功績者表彰は,次の各号のとおりとする。
 (1) 実行委員会長賞
 (2) 名誉会長賞

(実行委員会長賞の基準)
第3条 実行委員会長賞の基準は以下の各号のとおりとする。
 (1) 「とちぎ教育の日」実行委員会構成団体(以下,各団体という)若しくは関係者
 (2) 各団体または各活動分野における教育の振興に顕著な功績があった個人若しくは団体

(名誉会長賞の基準)
第4条 名誉会長賞の基準は以下の各号のとおりとする。
 (1) 栃木県内で継続して教育活動の推進に取り組んできた個人若しくは団体
 (2) 長年にわたり地域の教育や社会活動に積極的に取り組み,顕著な功績のあった個人若しくは団体

(推薦方法)
第5条 実行委員会長賞については,各団体が,本県教育の振興に顕著な功績があったと認める者若しくは団体を選出し,推薦理由書(別紙様式1)を付して実行委員会に推薦するものとする。
 2 名誉会長賞については,各団体,県教育委員会,市町村教育委員会,地域の社会貢献活動団体等が,広く本県教育の振興に顕著な功績があったと認める者若しくは団体を選出し,推薦理由書(別紙様式2)を付して実行委員会に推薦するものとする。
 3 「とちぎ「教育の日」実行委員会幹事会は,候補者としてふさわしいと判断した個人若しくは団体を独自に推薦することができる。

(選考方法)
第6条 「とちぎ教育の日」実行委員会は,被薦者の選考に係る選考委員会を置く。
 2 選考委員会の委員は,実行委員会の協議に基づき実行委員会長が委嘱する。
 3 選考委員会は被表彰者を選定し,選考結果を選考理由を付して実行委員会長に報告する。

(表彰)
第7条 表彰は,毎年,とちぎ教育振興大会の席上において行う。
 2 受賞者には表彰状及び記念品を贈る。

 附則
  本規程は,平成 4年 6月18日 より施行する。
       平成 5年 6月23日 一部改正する。
       平成 6年 4月26日 一部改正する。
       平成24年 9月28日 一部改正する。
       平成25年 5月10日 一部改正する。
       平成29年 5月12日 一部改正する。

※(別紙様式)掲載略