実施大網

1趣旨

 広く県民の参加協力のもとに「とちぎ教育の日」を実施し、教育尊重、教育振興の気運を高め、生涯学習の振興を図り、教育県栃木の建設を目指す。
「とちぎ教育の日」は毎年11月第2土曜目とし、年間を通じて次の三つの運動を推進する。

(1)教育尊重の精神を高め、生涯学習の振興・充実に努めよう

 本県教育にかかわる一人ひとりが、その使命を自覚し、本県教育の質と水準の向上を目指し、教育尊重の気運を高め、生涯学習の振興・充実に努める。

(2)家庭・学校・地域の連携を深め、みんなでとちぎの子どもを育てよう

 家庭、学校、地域が連携・協力・補完し合い、一体となって教育力を高め、本県教育 を充実発展させ、 心豊かでたくましいとちぎの子どもを育てるよう努める。

(3)教育活動の輪を広げ、豊かな教育環境をつくろう

 本会参加団体の連携を密にし、それを核として教育関係機関・団体の総終結を図り充実した教育実践並びに研究、教育環境など諸条件の整備に努める。

 

2 主催「とちぎ教育の日」実行委員会  ・51参加団体

栃木県義務教育振興協議会
栃木県高等学校教育振興協議会 
栃木県社会教育振興協議会
(一財)栃木県連合教育会
(一社)栃木県幼稚園連合会
栃木県小学校長会
栃木県中学校長会
栃木県高等学校長会
栃木県私立中学高等学校連合会
大学コンソーシアムとちぎ
栃木県小学校教育研究会
栃木県中学校教育研究会
栃木県高等学校教育研究会
栃木県公立小中学校教頭会
栃木県立学校教頭会
栃木県高等学校定時制通信制教育振興会
栃木県高等学校農場協会
栃木県特別支援学校教育振興会
栃木県産業教育振興会
栃木県公立小中学校事務職員研究協議会
栃木県立学校事務職員会
栃木県立学校事務長会
栃木県教職員協議会
栃木県学校管理職員協議会
栃木県PTA連合会
栃木県高等学校教職員組合
栃木県幼稚園PTA連合会
栃木県高等学校PTA連合会
栃木県私立小学校中学校高等学校保護者会連絡協議会
栃木県社会教育委員協議会
栃木県公民館連絡協議会
栃木県地域婦人連絡協議会
(一社)栃木県子ども会連合会
栃木県連合青年団
(公財)日本ボーイスカウト栃木県連盟
(一社)ガールスカウト栃木県連盟
栃木県ユネスコ連絡協議会
栃木県公共図書館協会
栃木県視聴覚教育連盟
栃木子どもの本連絡会
栃木県家庭教育オピニオンリーダー連合会
栃木県女性教育推進連絡協議会
栃木県博物館協会
栃木県連合退職校長会
栃木県中学校文化連盟
栃木県中学校体育連盟
栃木県高等学校文化連盟
栃木県高等学校体育連盟
栃木県学校視聴覚教育連絡協議会
特定非営利活動法人とちぎ教育ネットワーク
(一社)栃木県PTA教育振興会

 

3 後 援

栃木県 栃木県教育委員会 栃木県市長会 栃木県町村会 栃木県市町村教育委員会連合会 (公財)とちぎ未来づくり財団 (公社) 栃木県経済同友会 栃木県文化協会 (公財)栃木県スポーツ協会 (一社)栃木県医師会 栃木県歯科医師会(一社)栃木県薬剤師会 (株)下野新聞社 朝日新聞宇都宮総局 読売新聞宇都宮支局 毎日新聞宇都宮支局 産経新聞社宇都宮支局 東京新聞宇都宮支局 (一社)共同通信社宇都宮支局 (一社)栃木県経営者協会 ㈱エフエム栃木 ㈱栃木放送 ㈱とちぎテレビ NHK宇都宮放送局 宇都宮ケーブルテレビ(株) (公財)栃木県学校給食会 栃木県学校生活協同組合 (公財)日本教育公務員弘済会栃木支部 (株)足利銀行 (株)栃木銀行

 

4 本年度のテーマ

深めよう 学びの絆 共に紡ごう 新時代

 

5 事業

(1)「とちぎ教育の日」生涯学習フェスティバルの開催

 「とちぎ教育の日」を中心として、本実行委員会及びその参加団体がそれぞれ主催・共催して、「とちぎ教育の日」に相応しいイベントを実施する。本年度は原則として10月11日(月)〜 l1月13日(土)の約 1か月間とするが、実施団体の都合により柔軟に対応する。

(2)とちぎ教育振興大会の開催

「とちぎ教育の日」生涯学習フェスティバルの中心イベントとして、11月14日(日)に栃木県教育会館で開催する。

(3)「とちぎ教育の日」の県民への浸透を図るための事業

ア 一般県民への広報活動の推進

○印刷物の配布

ポスター、会報、ポスター原画募集要項

○ホームページ、新聞等のメディアの活用

イ 県内各地区及び市町への協力要請

○地区、市町主催の生涯学習振興大会等の後援団体に本実行委員会を加える。
○本会の趣旨・事業等を市町民に広報する。
○市町に対する「とちぎ教育の日」旬間(週間)」、「オープンスクールデー」の呼びかけ

(4)県への要望活動(次年度予算化等に関する要望)

(5)ポスター原画の募集並びに入賞者の表彰

(6)教育功績者の表彰

(7)協賛(広告掲載),賛助会員の募集

(8)その他, 「とちぎ教育の日」の趣旨を達成するための事業

 

6 参加団体の取組み

(1)各参加団体の成立の趣旨・事業等との関連において、本実施大綱の趣旨をあらゆる場・機会をとらえて、全構成員に対し理解の徹底を図り、運動の普及・浸透に努める。
(2) 参加団体はそれぞれの広報媒体を活用し、『とちぎ教育の日』実施大綱の趣旨(三つの運動)年度テーマ等を一般県民への周知に努める。
(3)県で推進している「栃木の子どもをみんなで育てよう」運動、 「いきいき栃木っ子3あい運動」等に、団体それぞれの立場から、積極的に参加・協力する。

以上の取組を通して、この運動とその精神が、団体内から団体外へ、近隣社会から市町へ、 そしてさらに全県に拡大し普及するよう努める。また、県民運動として発展していくよう関係方面への働きかけを行う。

 

7 経費

参加団体負担金、県費補助金、協賛金、その他による。