令和元年度 第28回 とちぎ教育振興大会 記念講演

演 題  『世の中で一番大事なこと

講 師  ドキュメンタリー映画監督 安孫子 亘 氏

安孫子亘氏は、北海道小樽市出身。東日本大震災以降は福島に拠点を置き、精力的にドキュメンタリー映画などの製作にあたっている。現在、栃木県那須町に在住。
「地域の再生」をテーマに創作活動に取り組んでいる。
安孫子氏の第5弾作品「奇跡の小学校の物語~この学校はなくさない!」の上映会が今年2月3日、宇都宮市ヒカリ座で行われた。この映画は、廃校の危機に直面した城山西小が、新任校長、地域住民、行政の奔走により見事に再生する感動の物語である。ナレーションは、佐野市在住の歌手・ミュージシャンの ダイアモンド✡ユカイさん、映画ポスターは、作家 故立松和平さんの長女で画家のやまなかももこさん が担当した。この映画の製作過程、安孫子氏ご自身が映像作家を志した理由や、映画製作に対する姿勢のご紹介などをとおして、我々が地域の一員として何を目指し、どう行動すればよいかを模索する機会としたい。

 


講師紹介

◇プロフィール
1959年生まれ
北海道小樽市出身
ドキュメンタリー映像作家